釣れても釣れなくても!

Let It Be『水郷アングラー』 anija-yamamotoの気ままな釣りブログ



1383488577kw381rd_ERr8now1383488572



大した役に立つようなことは書いてませんが(汗)
ご訪問くださいまして、ありがとうございます!

☆ランキング参加中☆
☆☆☆ ランキングサイトで今!話題のブログをチェック!☆☆☆
ブログ村ランキング人気ブログランキング誘導ぎょネットランキング


ワッキー

《北浦》2013年07月15日(月)晴れ ノーフィッシュ逃れる

2013年07月15日 月曜日。
天候は晴れ。
気温:24度(実釣時)
水温:30度(実釣時)
水色:濁り


午前中は霞ヶ浦でボート。
午後で上がり、少し休憩して一日の締めくくりとして少しだけいつもの北浦へ。
午後から風向が北寄りの強風となり、一気に気温が急降下。

38
 
かなり涼しくなって・・・というか、肌寒さすら感じるくらいになった。
向かい風の状況だが、石積みのおかげでかなり緩和されて釣りにはなる。
まずは周辺確認。

先行者1名。
たぶん結構な釣り日和だったので、早朝から人の出入りはあったと思う。
水位が少し減水している。前日比で5センチ〜10センチくらいは低いだろうか。
いつもの水沈具合よりかなり頭を出している囲い石積みがそれを物語る。

42
 
先行者の邪魔にならない程度に離れたポイントからスタート。
ベイトの姿がまったく見えない。
実は前日の日曜日夕方に、この石積み内側でボイルがあったとの情報を聞きつける。
エビを表層まで追い上げてガバガバしていたらしい。
季節的に、やはりエビなのか?と思ったりもする。

今日は19時までには用事があるので帰宅しなければならず、そうそうにワッキーで反応を見るも無反応。。。
先行者のいる下流に少しずつ移動、挨拶をして状況を聞いてみるが全くダメとのこと。
互いの健闘を祈りつつすれ違う。

ひとつ下の石積み手前でカツン!というショートバイト。
ブルーギルのそれとは違うので恐らくバスと推測。
キャットフィッシュならそのままパクっとして走りそうなものなんだが、それもない。

この辺であまりの強風に耐え切れずベイトタックルを断念してスピニングに持ちかえる。
午前中に霞ヶ浦で使っていたタックルをそのままなので、ジャッカルのフリックシェイク4.8に1/64のネコリグである。
ラインはフィネスと言うには多分ほど遠い8LB。
自分はこれ以上ラインを細くするつもりは毛頭ない。(笑)

と、すぐにバイト!そしてヒット!
ありがとうバスゲットである。
驚くほど小さいのだけど。(笑)

36

やっぱり持論通り、小さいバスほど体格が良い
小さいくせに体高がある。。。
カッコイイのである。

40

綺麗な魚体をしていたありがとうバス
なんとか月曜日はノーフィッシュを回避できた嬉しさ。(笑)
ありがとうと声をかけてリリースする。

その後、似たようなポイントをチェックする。
44

この周辺だけのようだが、手前石積みの更に陸側にブレイクがある。
他のところにも同じような感じになっているところがあるのか?と何箇所か調べてみたが、どうやらここほどの深さがないようだった。
バスたちは、この深みにじっとして餌を待ち伏せている雰囲気。

すると、しばらくしてピックアップしようとしたワームをチェイスしてくる黒い魚体
ワームが水中から出ると、慌てて石積みのほうに逃げていった。
この魚体がまたでかかった・・・。

明らかにキャットフィッシュでもなく、鯉の動きでも色でもない。
バスそのものだった・・・。(汗)
サイズはどうだろう・・・恐らくこのエリアで見かけた最大クラス。
50センチは余裕だろうと思えるその影。。。
まるでゴーストである。

バラして精神的ショックでしばらく何も出来なくなることはあっても、チェイスしてきた魚を見て精神的ダメージを食らったのは久しぶりである。
それくらいいいサイズだった。。。
あと一呼吸、ワームを留めておけばもしかしたら食っていたのかもしれないと後悔したが、たらればなので、どの道食わなかったのだろう・・・と自分を納得させた。(笑)

このチェイス→逃走を目撃したところで月曜日は撤収となった。

 そして今日、火曜日。
いつものように新しい一週間がスタートした。
朝からまだ北寄りの風の影響でかなり涼しくなっている。

今心配なのは水温のみ。
これさえなんとかなれば、もっと楽に魚が口を使ってくれるのだろうが。
今週も、仕事帰り釣行が楽しみだ。

47

↓↓↓↓↓ ! 爆 釣 祈 願 ! ↓↓↓↓↓
励みになります!クリックご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

Twitter Facebookでの記事共有大歓迎です!



   

《北浦》2013年07月13日(土)晴れ パターンを変えて

2013年07月13日 土曜日
天候は晴れ
気温:28度(実釣時)
水色:濁り


土曜日ということもあり、それなりに人が多い北浦。
夕方から風も変わり、気温も変化するタイミングで仕事帰りに向かう。
25

水温は未計測。
といっても、なんら下がる理由もないのでそのままか少し上昇と推測。
来週の釣りのために、今週やってきたパターンとは違う釣り方でどうなるのか検証してみることにする。

バスの数はそこそこいるはずなので、他の釣り方で反応があれば来週の釣り方の参考になる。

29

ここのところあまり反応が薄いルアーでひと通り流してみる。
テンポの早い横の釣り。
やはりというか、、、バイトなし。


4月から5月にあれほど効果的だったバズベイトも、まったくダメ。
なるべくスローに引けるタイプを選んでみたが、それでも出てくる気配がない。
18時過ぎに沖の石積み手前で一度だけバスのボイルがあったが、それも単発。
なにを入れてやっても無駄だった。

このままではノーフィッシュになりそうだったので、封印していたワッキーを入れる。


23

石積み際に入れて、手前に引く。
構造上少し手前にブレイクがあるのだが、そこにバスがついているはずである。
かなり効率の悪い釣りになるが、じっくりじっくり釣り進む。

食ってくるときは、ほとんどの場合フォール時にバイトがある。
一旦ボトムを取り、2~3回リフトしてまたボトムの繰り返し。
すると、コツン・・・と一回ポッキリのバイト。。。

ロッドアクションを止め、少し送り込んでみる。
が、ラインに反応なし。
ブルーギルか何かだったのか?と思い、少しだけロッドで聞いてみると何となく竿先に違和感が伝わってきた。
ダメ元で巻き合わせしてみると、40センチほどのバスがヒット

だが、、、ランディング寸前のところで痛恨のバラし。(汗)
バイトの感じからしても、食いがかなり甘かったようだった。
いつもなら、バイトしてから多少なりともラインが走ったりするようなものだが、今日はまったく動かずだった。
ここのところ、こういうバイトはなかったのだが、どうしたものだろうと力が抜けた。

14

しっかり、いるところにはいるのに口を使おうとしない。
これがプレッシャーというものなのかどうか分からないが、やり方次第ではバイトまでは持ち込める
しかし、この釣り方以外でなんとかならないものだろうか・・・と思ったりもする。

ベイトの隠れるところにもなり、追い込める要素・待ち伏せも出来る条件を持ち合わせたシャローエリア。
そこからごく近距離にブレイクが隣接するところ。
このシャローとブレイクを行き来しているように思える。
このシャローとブレイクの移動距離が短ければ短いほど、
バスにしてみると好条件となるようだ。


確かにこの濁りと水温では、さすがのバスもそう体力が続かないだろう。。。
この辺は人間と同じかもしれない。
暑いところで仕事をするには、いつでも冷房の効いたところで休憩出来る環境がないとやっていられないだろう。(笑)

しかし、今日は一度もブルーギルのバイトをとることがなかった。
ギルがいるところにバスの例えからも、ちょっと釣りにくい感じになっているのを体感してきた土曜日だった。

さて、明日はどうなることやら。。。
月曜日は、早朝から霞ヶ浦本湖ストラクチャー巡りを実行する。

↓↓↓↓↓ ! 爆 釣 祈 願 ! ↓↓↓↓↓
励みになります!クリックご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

Twitter Facebookでの記事共有大歓迎です!



  

 

《ありがとう◯◯◯》2日ぶりの北浦でノーフィッシュ回避・・・魚種はともかく。

仕事の都合で、ここ2日ばかり釣りが出来なかった。
たった2日だが、久しぶり感が満載のいつもの北浦。

44


風は幾分弱くはなっているが、今日一日ずっと向かい風だったこのエリア。
水面には泡が多く漂っていた。
第二機場より下流エリアは先行者ありだった為、水門より上流からチェックに入る。

まず、一昨日から比べるとまた増水している。
5センチほどは増えている
ほんの少しの増水でも、見慣れた風景が微妙に違って見える。

上流エリアの囲い石積みエリア。
前回ポッパーで小バスを拾ったポイント。
今日もポッパーから打ち始める

風が向かい風ということで波気があるものの、いかにも出そうなシチュエーション。
増水しているため、どこまで石積み寄りに打つかがポイント。
少し沖目から徐々に石積み沿いまで入れてみる。

すると石積みの隙間から前回釣れたくらいのサイズの小バスが様子を見に来た。
そのままバイトするかと思ったが、直下で様子を見るだけで、結局バイトしなかった。
ここ数日で、何か変化があったようだ。

変化といえば気温がやや低くなったことくらいか。
水温は23度と安定はしているのだが。

下流エリアが空いたので移動。

51


どうもトップには出ないような気がしてきた。
プラグからワームへと変更。
フリックシェイク4.8のノーシンカーワッキーへと切り替える。
一気に遅い釣りになってしまうが、久しぶりなので確実にバスを取りたいのだ。

通いなれたこのエリア。
護岸沿いにある水深の変化があるポイントを狙いっていく。

47


さっそくバイト・・・だが、どうやらブルーギルの様子。
ブルーギルがいるところにはバスもいる説。
少しポイントを休める意味も込めて、粘らずに他のポイントへ移動する。

合計5箇所。
絞り込んだポイントを丹念にチェックする。
ブルーギルのバイトが多いが、中にはブルーギルではないバイトもある。

途中の水沈している囲い石積みエリア。
増水しているので、さらに水沈度が増している。

45


ほぼ完全に沈んでしまっているので分かりにくいのだが、この写真中央が囲い石積みエリアである。
こんな状況でも、数は少なくなっているがベイトはまだ回遊していた。
恐らくこれを狙っているバスもいるはずなのだが、石積みが沈んでしまっているため狙いにくさ200%である。
バズベイトを通して反応を見てみようとも思ったが、あいにく持ち歩いているルアーの中にバズが入っていなかった。
どっちにしても、巻物で出にくい状況は変わらないのだろうから、その辺はスルーした。

だいぶ辺りが暗くなってきた。
時間にして19時15分くらい。
一番最初にギルらしいバイトがあったポイントをチェックして終了とすることに。

ボトムから30センチ以内のフォールの時にバイトが出やすい。
恐らくバスも同じような状況なのだろうと推測。
丁寧にワームを通す。

すると、ギルではないバイト。
合わせてみるとヒット。
だが、引き味がなんとも頼りない。

釣り上げてみると、久しぶりのコイツであった。

53


ありがとうバスならぬ、ありがとうキャットである。
しかも、かなりかわいいサイズ。

01


うーん。
どうも何かが違うらしい。


かなり安定して水量が確保出来ている状況。
しかも、ここ数日でまた増水している。
水温は安定。

バスもいるのだろうが、もしかするともっと上流のワンドの奥のほうがおいしいかもしれない。
もっと上流エリアで、いままでシャローだったエリアを探してみるかと・・・。
とりあえずキャットフィッシュのおかげで、今日一日のノーフィッシュは回避出来たことだしと撤収。

明日から、ちょっとエリアを変えて釣り歩いてみようかと検討中。
しかし、仕事帰りの道すがらなので、あまり大移動をしていると釣る時間がなくなる。
手っ取り早く、禁漁エリア以外のワンドをチェックしていく予定である。

なにはともあれ、遊んでくれる魚がいるというのは嬉しい。(笑)

k-yamamoto
励みになります!クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ








《日曜早上がり》朝一から短時間勝負で40アップ連発の北浦

 夜明けを狙って出撃予定だったが、すっかり寝過ごして現場到着が5時。
すでに太陽はあらぬ高さまで登っており、すっかり出遅れる。

56


雲はあるものの天気は上々。
すでに先行者が何組か入った後のようだった。
当初の予定通り、朝一トップでスタートする。
実際は朝一のおいしい時間帯を逃しているわけだが・・・(汗)

08


久しぶりの早朝実釣。
なんだか新鮮な気分になった。
場所は同じでも、いつもは夕方にしかこないだけに、朝日も眩しい。

実は今日から新しいタックルを使いはじめる。
詳細については別記事にてアップしていきます。

というわけで、釣れても釣れなくても、今日はそこそこ楽しい釣行なのだ。

昨日のヒットルアーであるテクノスイッシャーからスタートするも反応なし。
そのまま下流方向へ釣り進み、いつもベイトが溜まっているエリアへ入る。
だが、、、ベイトのべの字もない・・・綺麗に消えていた。
恐らく夕方ごろになれば回遊してくるのであろう・・・と推測してみるが、どうなのだろう。

ベイトがいないということで、当然のようにトップへの反応も薄い。
途中からポッパーに切り替えて、沖の石積み手前を重点的に打ち始める。
ちょうど朝日が差してシェードになっているところで1バイト
様子を見に来た程度のバイトだったので、当然のように乗らない・・・。

時間が過ぎるうちに、どんどんと釣り人が多くなりはじめる。
が、自分が見ている限りで釣れている気配がない。
どこかで誰かがなにかしら釣っても良さそうなものだが・・・。

ちなみに、この時点でトップをしているのは自分だけ。
反応もなく、ベイトの姿もなく、さすがにトップじゃないのかと久しぶりにネコリグに切り替える。
ちなみにスピニングではなくベイトで、ラインも14LBと、割と強気の釣りなのか。。。
普通はフィネスタックルでやるんだと思うが・・・自分は人と違うことが好きなのだ。

足元、石積み周辺と打ち込んでいくが反応がない。
途中何人かスレ違い、情報交換をしてみるがまったくダメだという。
この辺で、もしかしたら今日はダメかもしれない、と不安になってきた。

32

実はこの時点で自分の周りでは巻物系(シャッド・ミノー系~スピナベ)を使っている人と、ネコリグを打っている人の2種類に分かれていた。
ここ数日、自分の中でスピード感のあるものはあまり調子が良くない(バスが追いつかない?)と思っていたので、思い切り効率は落ちるが、ノーシンカーワッキーに切り替える。

かなり遅い釣りになる。
ふわりふわりとフォーリングさせて、ラインであたりを取っていく地味な釣りだが、これはこれで当たると楽しい。
時間をかけてフォーリングさせボトムを取り、そこからチョンチョンとアクションを入れて、またフォーリングさせる。この繰り返しである。

使っているのはもはや定番ともなっているこちら。

56

カラーについてはオススメというものはあまりないが(色関係なく釣れるときは釣れるし、釣れないときは何色でも釣れない)よくある話しではあるが自分が釣れると思う色がいいと思う。

とにかく、出来るだけスローにがポイント。

ここのエリアは同じ護岸なのだが、微妙に水深の変化がある。
出来るだけ水深があるところ、ブレイクがあるところをふわふわさせながらチェックしていく。
そこで待望のありがとうバスをゲット。

24


余裕の40アップ
このクラスになるとキャットフィッシュじゃないか?と姿を見るまでちょっとドキドキしてしまう。

43


ありがとう!バス!
というわけで、とりあえずノーフィッシュを回避出来た。
周りでは釣れていないようなので、少しばかり申し訳ない雰囲気になる。

引き続き、同じ狙いで護岸沿いをチェックしてみる。
すると、少し上流でブルーギルのバイトがあった。
ギルがいるところにはバスもいるはず・・・と、少し場を休めて入り直すと、しっかりバスが釣れてくれた

本日2匹めのバス。

02


こちらも40アップ。
最近釣れるときはサイズが揃って釣れてくる。
今日は40アップ揃いだが、時として小バスが揃うこともある。

このバスは口の中に針がもう一本入っていた。
小さなマスバリとガン玉おもり・・・。
誰かがかけてばらしてしまった魚のようだった。
ワームはすでになくなっていたが、針とオモリを口からぶら下げて上がってきたときは、ちょっと可哀相な感じだった・・・。

自分の針、そして誰かの針とオモリを取ってやってリリース。

2匹めを釣る頃には周りに釣り人が見えなくなってしまった。
同じようなシチュエーションはまだまだあるので、もしかしたらもっと釣れるのかも・・・と思ったが、自分の中でなんだか満足してしまったので、今日はこの辺で終了にした。

きっと天気も良かったので、多くの釣り人が訪れたであろう北浦。
皆さんもきっと釣れたであろうことを祈りつつ。

実釣時間:5時~9時

最近、このサイトやブログの読者の方が声をかけてくれることが多くなってきた。
有難いことである。
これからも、フィールドで見かけたときは、気軽に声をかけてもらえると嬉しいです。

励みになります!クリック宜しくお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ








《バークレー》最近お気に入りです♪

最近お気に入りで使っているワーム。
定番といえば定番なのですが、、、
バークレーのファットドーバークローラー5.5です。
パワーベイトシリーズで集魚力もバッチリ!?
ファットドーバークローラー
そこそこ比重もあるので、ノーシンカーでもネコでも使いやすいのがイイですね。
マテリアルも結構しっかりしているので、ワッキースタイルでもフック持ちが良いのも嬉しい。
絶妙なシェイキングでぷるぷる・・・も行ける。
ボリュームのあるシルエットと張りのあるマテリアルが気に入ってます。

嫌いじゃないんですが、最近ってこのシェイキングのときの動きを最優先にしてしまい、やたらと柔らかくて切れやすいマテリアルを使ったワームが多いような気がするのは自分だけでしょうか。。。

自分はいかにも!というようなワーム(ゴム製というか・・・匂いとか柔らかさとかに拘りがなかった時代)から釣りを始めた人間ですので、基本このシェイキングとか効果がない!とは断言しませんが、実際はそれほど抜群の効果があるとは・・・正直思ってません(苦笑)

どちらかといえば、純国産で精巧な芸術品のようなワームより、大雑把なアメリカナイズされたようなものに引かれる種類の人間です(笑)


このワーム・・・出来ればスピニングより、是非ともベイトタックルで使っていただきたいと個人的には思ってしまいます(笑)
自分が使っているスピニングのセットでは、少し重すぎる感があるんですよね。
それくらい、しっかりとしたワームです。


それに値段もお得なのが嬉しいところではないでしょうか。

 



おっと、、、結構売り切れになっているお店も多いようですね(汗)
地元にある潮来釣具センターの店頭には、まだ残ってますのでお近くの方は是非♪

自分にとってのルアーというのは、釣れることも大事なのですが使いやすいこともかなり重要になります。
その反面、自分なりの使い方で釣れたりするのも楽しい。
なんとも好みに分かれるところですね。。。(汗)

自分がこのワームを使うときは、ウィードレスワッキーで結構厳しいところに入れていく釣り方をします。厳しいところ・・・というのは、あまり人が打ち込まないであろうようなところです。
どうしても根掛かりとかを気にしてしまう余りに、人はそういうところを攻め切れないことが多いもんです。
ここはどう見ても浅すぎるから魚がいないだろうな・・・とかいうところのも、結構魚が居たりするもんです(笑)

そういうところが意外とハニースポットになってる場合が多いのです。
そういうときに頼りになるルアーとしていかがでしょうか。

あ・・・あえて根掛かりさせろ!とは言ってませんので、あしからず・・・(汗)
 
ブログ村新着記事
バスボート駐艇・レンタルバスボート
clip_image001
logo2


HeartsMarine_3

rogo_abc
link


v6marine_banner_200-40
記事検索
訪問ありがとうございます!
オススメ泡盛
bnr_chukogura
banner
lure2013
潮来つり具センター
サイト管理者
水郷アングラー御用達
2013-07-08-2
オリジナルステッカー作成!
地元のタイドグラフ
鹿嶋新港 不動丸
楽天市場
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

20110725110816

20110825200958

20130130154634

powered by SEOチェキ!
管理者へのメッセージはこちらに!